MENU

合わない入れ歯でお悩みですか?

調子が悪いのは入れ歯が合わないからではないですか?

総入れ歯専門歯科なら香川県高松市の吉本歯科医院

 

 

 

 

歯の調子が悪いというだけで毎日が憂鬱になっていませんか?

これは実際に吉本歯科医院にご相談にお見えになったある女性の患者さんの声です。『歯の調子が悪いというだけで1日がずっと憂鬱な気分になってしまうんです。15年前に奥歯が部分入れ歯になったのをはじめにどんどん噛めなくなっていきました。入れ歯を作り直しただけでも車が買えてるほどです。どこの歯医者さんに行っても「入れ歯ですからねえ」「噛めないのはあたりまえですよ」「違和感は慣れてもらうしかないですね」そう言われ続けてこられたそうです。いっそインプラントにしようかと思いましたが骨を削って穴をあけてそこにネジを入れるのは怖い。歯を削るのも嫌なのに骨を削った上にネジを埋め込むなんてとんでもない!だけど残っている歯もボロボでどれだけ持つかわからない。今残っている歯は役目を果たしていない。だったらやっぱりインプラントしかないのか?入れ歯とか他のものでなんとかならないのか?もし入れ歯ならインプラントと違ってフガフガするんじゃないのか?それとも今どきの入れ歯はフガフガしないの?もしフガフガしないのならインプラントよりも入れ歯がいい。骨を削ったりしないのであれば怖くない。今まで何度も入れ歯を作り直してきたけど入れ歯はすぐに合わなくなるちゃんと噛めて歯茎にぴったりフィットして痛くない入れ歯は手に実際には無理何でしょうか?』いかがでしょうか?あなたがもし入れ歯での不具合をお感じで、この先もずっとこんな状態が続くのだろうか?とご不安を抱えているの総入れ歯専門歯科の吉本歯科医院へご相談ください。かみ合わせ専門の吉本歯科医院ではすべての歯科治療を「噛み合わせのバランス」を基本に起こっております。そのためあなたが従来通ってこられた歯科医院とは全く異なった考え方や理論で治療を行っております。 

快適な総入れ歯は咬みあわせから

歯の治療で最も大事なことは噛み合わせのバランスです

そもそも歯を失った原因をご存じですか?

多くの歯を失った方、総入れ歯の方の多くは「子供の頃から歯が悪くて」「私の歯磨きの仕方が悪かったから」と思われている方が本当に多くいらっしゃいます。歯の検診のたびに指摘をされ「なぜちゃんと歯磨きをしているのに自分だけ歯がどんどん悪くなるんだろう?」そう思われている方も多いはずです。虫歯ができやすい、歯がグラグラする、歯周病だと診断された、歯が折れた、などさまざまな症状がありますがその全ての大きな原因に「かみ合わせ」の問題があるのです。全ての治療において、吉本歯科医院ではと考えています。ただ、噛みあわせの重要さは知識で理解はして「かみ合わせのバランスが歯科の治療には最も大切である」はいるけれど、実際に患者さまの噛み合わせ(噛みあわせ)のバランスを正常に戻すことができる歯科医師はほんの少数です。また、かみ合わせをきちんとできる歯科技工物を作製できる歯科技工士もほんの少数なのではないでしょうか。なぜ吉本歯科医院の歯科治療は、患者さまにとって最善の治療を提供できるのか、という理由は、「かみあわせのバランスを正常にする」という大原則に基づいてすべての治療を行っているからです。

入れ歯が合わなくなる本当の原因

入れ歯が合わなくなった本当の原因を知らされていない方がほとんどんです

変形したのはあなたご自身の骨と歯茎です。

入れ歯が合わなくなリ歯医者さんに行きます。そうすると「では調整しましょう」「どうしようもないなら作り直しましょう」こんな会話が日本全国でかわされていることが想像できます。何度調整しても合わなくなる入れ歯に患者さんは困り果て「どこかに私にピッタリ合う入れ歯を作ってくれる上手な歯医者さんがいないかしら?」と思います。患者さんは「入れ歯そのもの」が変形し合わなくなったのだと思い込んでいらっしゃいます。しかしそれは大きな間違いです。合わなくなったのは入れ歯本体ではありません。入れ歯はそうそう変形したりしません。変形したのはあなたご自身の骨であり歯茎です。その事実を知ることから快適な入れ歯を手に入れるスタートとなります。

超精密義歯ハイクオリティデンチャー

トレーニング用の装置を使い顎の関節のズレを直していくところからスタートします

超精密義歯(ハイ・クオリティ・デンチャー)は、トレーニング用装置を使い顎の関節のズレをなおすことからスタートします。

ハイ・クオリティ・デンチャーは歯茎にぴったりくっつきます。きちんとした総入れ歯には、安定剤は本来必要ありません。吉本歯科医院の義歯の製作は、非常に手間がかかる方法で、大量生産はできないのですが、吸盤のように引っ付く入れ歯を作製することができます。一度でも入れ歯を体験された方は、「入れ歯は痛いもの」とほとんどの方が思っていらっしゃいます。通常の入れ歯は「痛い、合わない、噛めない」は当たり前ですがハイ・クオリティ・デンチャーは痛くなく、正しい位置では、きちんと噛めます。なぜ痛みがあるのか?ということですが、精密でない、合わない入れ歯を入れている場合は、痛みがないほうがおかしいのです。どうすれば痛くない入れ歯を作る事ができるか?なのです、精密な入れ歯の成形と、入れ歯の調整の結果得られる、きちんとした「噛み合わせ」により、痛くない入れ歯が完成します。今まで体に合わない入れ歯に、むりやり体を合わせて咬んでいたのですから、歯茎のリハビリが必要なのです。このリハビリに用いるのが「治療用〈トレーニング)総義歯」です。吉本歯科医院でいう「1個目の入れ歯」になります。そして、治療用総義歯でもってしばらく歯茎を安定した状態すなわち沈みやすい部分を沈みにくい状態にリハビリをした上で「2個目の本総義歯」を作製を開始します。長年、池だったところに、家を建てる場合の地盤改良だとイメージしていただければ解り易いかもしれません。ハイ・クオリティ・デンチャーでは沈みにくい部分が多く、咬んでも沈まないので痛くない、ということが起こるのです。

初診カウンセリングご案内

合わない総入れ歯、多くの歯を失われお悩みの方はまずはお気軽に初診カウンセリングにお越しください。

まずはお気軽に初診カウンセリングをお受け下さい。合わない総入れ歯でお悩みの方、歯周病で多くの歯を失われお困りの方、歯がない状態が長くはやく「見た目」を回復させたいとお考えの方、まずはご相談下さい。初診ではレントゲン撮影、お口の中を詳しく診察させて頂き、骨の状態まで詳しくご説明させて頂きます。ご相談のみの場合もご予約お取りさせて頂きますのでご予約お電話の際には「超精密義歯ハイクオリティデンチャーの相談をしたい」とお伝え下さい。

入れ歯無料メール相談

総入れ歯専門歯科医院 吉本歯科医院へのアクセス

総入れ歯治療専門の吉本歯科医院には四国各地より患者様がお越しになられています。

投稿はありません。

PAGE TOP