再発を起こしにくい根管治療

一般的な歯の神経治療・根管治療の流れ

みなさんは虫歯の治療ってどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

一般的な歯の治療では

虫歯になった部分は

①虫歯部分を大きく削り取る

②被せ物をでふたをする

 

という治療になります。

 

さらに歯の神経にまでばい菌が到達している虫歯の場合には

「歯の神経を取る」という治療が

一般的なのです。

抜髄(ばつずい)とも言います。

そして皆様もきっとそれが一般的な虫歯治療なんだと

思われているかと思うのです。

 

しかし、この一般的な虫歯治療の流れの中に

☑何度も同じところが虫歯になる

☑虫歯が再発する

という原因があるのです。

 

 

再発を起こしにくい歯科治療

吉本歯科医院では、開業以来、再発を起こしにくい歯科治療

行っております。

おそらく多くの日本人が一般的に受けてこられた歯科治療とは

まったく違った考え方で治療を行っております。

 

そのため

治療の工程や

技術、使う薬品がすべて違っております。

 

 

悪いところは根こそぎ削り取り除去してしまおう

という外科的考え方が従来型の歯科治療だとするならば

吉本歯科医院で行っている治療は

痛みの原因となっており細菌そのものを死滅させ

歯の修復を図っていこう

という内科的考え方だとお考え下さい。

 

 

虫歯や歯周病の原因は細菌だけではありません。

虫歯や歯周病でお口の中に異変を感じられ来院される患者さんと

お話をしていると必ず

「私が歯みがきをちゃんとしなかったから虫歯になってしまったんです」

「昔から歯が弱くて何度も虫歯になるんです」

とおっしゃられることがよくあります。

 

 

しかし虫歯や歯周病の原因は

細菌だけではありません。

 

虫歯や歯周病を引き起こしている大きな原因は

①細菌性によるもの

②咬み合わせ異常による破壊的力によるもの

です。

 

さらに

①の細菌に関して言えることは

細菌は感染症である

ということなのです。

お口の中に存在している感染症のもととなっている

細菌を、微量の薬剤(抗生物質)を塗布し

仮封鎖を行います。

 

この工程を何度か繰り返すことで

痛みの原因となる細菌そのものを死滅させることができます。

 

人によっては

ひどいお痛みで来院された方でも

たった一度お薬を入れただけで

痛みが引いていくことがあります。

 

痛みを引き起こしているのは細菌ですので

そこに細菌があるから「痛い」と感じるのです。

細菌を死滅させてやれば

痛みは引いていくのです。

 

 

従来的な虫歯治療であれば

悪い部分、痛みを引き起こしている虫歯部分を

大きくごっそり根こそぎ削りとって除去してしまいます。

つまり、外科的な発想です。

悪い部分は取ってしまう

という考え方です。

歯を大きく削り取ることで

何が起こると思いますか?

 

歯の神経に近くなってしまうんですね。

歯の神経に近くなると

どうなりますか?

そうですね。

痛み始めます。

 

歯の神経がズキズキと痛み出すのです。

そうなってくると

「痛くてたまらない」状態になります。

 

痛くてたまらない状態をなんとかして下さいと

歯医者さんに行くと

「では、歯の神経を取りましょう」という治療になってしまうのです。

 

それが悪いということではなく

痛みを取り除いて差し上げるには

歯の神経を取るしか手立てはないからなのです。

そうせざるを得ないんですね。

 

 

ですから

吉本歯科医院ではそもそも

歯を大きく削り取って治療するという治療そのものを

行っておりません。

 

歯を削るから、歯の神経に近くなるのです。

歯の神経に近くなるから

歯が痛み出すのです。

歯が痛み出すと歯の神経を取るしか方法がなくなります。

 

歯の神経と取った歯はどうなる?

歯の神経を取った歯の強度は

10分の1まで落ちます。

 

栄養が行き届かなくなるから、です。

枯れ木のような状態になってしまうのです。

枯れ木のような歯は

ちょっとした衝撃で

ポキッと折れますよね?

歯の神経を取ることのメリットとデメリット

歯を失うのは時間の問題ということになってしまうのです。

 

 

こうやって日本人は今でも

多くの歯をドミノ倒しのように失っていってしまっているのです。

 

 

 

 

歯を抜かなくてはいけないと診断された方はまずはご相談下さい。

歯を抜かずに治療できるか、それとも抜かなくては危険な状態なのか?専門家による診断が必要です。