歯周病と咬み合わせの関係

歯周病は細菌が原因で引き起こされるものと

思い込んでいると咬み合わせと歯周病の因果関係は

見えてはこないのです。

 

歯周病菌だけが原因で歯周病になっている場合には

しっかりとお口の中の菌を減らすことで

これ以上悪くならないように維持することができる可能性があります。

 

 

しかし

歯周病菌が原因ではない場合には・・・・?

 

「歯周病で歯を失った」場合には

そもそも今回歯周病になられた根本原因

まずは

きちんと突き止めることが大事です。

 

歯周病によって骨が溶ける原因は2つです。

1、口の中の細菌によるもの(細菌感染)

2、噛み合わせから起こる「破壊的な力」(外来的要因)

2の破壊的な力が原因で歯周病の症状が引き起こされているのであれば

力に対する治療を行っていかなくては

何をしても将来すぐにダメになってしまいます。

 

 

自費でお金をかけていい被せ物を入れたとしても

すぐに破壊されてしまう

ということが、起こるのです。

前歯が折れた
虫歯が何度もできる

歯茎が下がってきた
歯がグラグラする
顎が痛い
顔がゆがんできた

歯にひびが入っている

歯の神経治療をした後も痛い

 

お口の症状にはいろいろありますが、

その全ての原因に

「咬み合わせの悪さからくる破壊的な力」があるのです。

 

 

全ての治療において、吉本歯科医院では

「かみ合わせのバランスが歯科の治療には最も大切である」

と考えています。

 

 

ただ、噛み合わせの重要さは知識で理解はしてはいるけれど、

実際に患者さまの咬み合わせのバランスを正常に戻すことができる歯科医師はほんの少数だと思われます。

 

また、こういった歯科におけるきちんとした技工物を作製できる歯科技工士も

ごくわずかではないでしょうか。

 

どうして吉本歯科医院の歯科治療は、患者さまにとって最善の治療を提供できるのか、

という理由は、「あらゆる治療を咬み合わせをキチンとする」という大原則

基づいてすべての治療を行っているからです。

吉本歯科医院ではあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方はまずはご相談下さい。

歯を抜かずに治療できるか、それとも抜かなくては危険な状態なのか?専門家による診断が必要です。