取り外しの義歯(入れ歯)での異物感は慣れられるものなのでしょうか?

香川県の高松市で入れ歯のご相談を受けしている吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯を抜いた後に

ブリッジでの固定もできず、部分入れ歯を作られたという患者さんがお越しになられました。

部分入れ歯での異物感

こんな違和感があるものを口の中にずっと入れることなんてとてもできない。

歯医者さんでは「慣れて下さい」「みなさん慣れていきます」と言われたのですが

本当にこの違和感が慣れてくるものなのでしょうか?

こんな違和感がずっと続くのでしょうか?

というご相談です。

 

部分入れ歯をはじめて作られた方は

あまりの違和感に驚かれること

本当に多いです。

入れ歯の作り直し|高松市の吉本歯科医院

取り外しができる入れ歯、部分入れ歯ですが

金属の留め金(クラスプと言います)を歯がある部分に

ひっかけます。

 

そして歯がない部分には

歯茎の上に密着した床(しょう)を作り

そのうえに入れ歯をポンと乗せているもの、です。

それが入れ歯です。

 

歯を失った場合
入れ歯かブリッジにするものだと
お考えの方はとても多く
入れ歯の異物感でもどうにかして慣れさせようと努力する方は多いです。
実はこの入れ歯という形ですが
入れ歯の形が完成したのは
なんと1900年あたりです。
今は、令和2年、そして2020年ですので
おおよそ100年以上も前に作られた形のもの
いまだこの2020年における現代においても
あたりまえのように使われている
ということです。
100年以上も前に作られた形態を
今でもまだ使い続けているものなど
そうそう、ありません。
でも、入れ歯とは
そういうもの、なのです。
一般的に歯を多く失い
ブリッジもできないような状態になった場合には
部分入れ歯を保険で作る場合
日本ではまだまだ大多数です。
しかし、保険で作った部分入れ歯で
違和感や異物感がない
という方はまずいないのです。
実際に使われたことがある方は
その違和感を体験されていることと思います。
私たちの口の中は髪の毛1本でも
違和感を感じてしまうほど
敏感な場所なのです。
小さな砂がほんのわずか口に入っただけでも
異物感を感じてしまいます。
それほど敏感な場所に
こんな大きな入れ歯が入って
気持ち悪くないはずがないんです。
 
 
部分入れ歯とは大きな異物が
口の中に絶えず入っているような状態です。
部分入れ歯をはじめてつくられた方は
あまりの違和感に
作ってくれた歯医者さんに
こんな風にうったえるはずです。
「先生!こんな気持ち悪いもの
とても入れておけません。
違和感がひどく、吐き気がします。
違和感がないように作り替えて下さい!」
と。
しかし
歯医者さんには
こう言われることは
ほとんどだと思うのです。
「部分入れ歯とはそんなものです。
違和感は毎日使ってるうちに慣れてきますので
慣れて下さい」
と。
私にはこんな会話が日本中の歯医者さんで
毎日のように交わされていることが
予想できます。
さらに部分入れ歯には
違和感、異物感だけでなく
 
入れ歯が口の中でガタガタ動いてしゃべりにくい
入れ歯ではかめない
部分入れ歯でかむと味がしない、おいしくない
金属(クラスプ)のひっかけが目立って人前で口を開けるのが恥ずかしい
すぐに合わなくなる、もたない
部分入れ歯がすぐに臭くなる
 
部分入れ歯には
それを入れるデメリットはいくらでもあるけど
メリットはほとんど、ありません。
あると言えば
保険で安く作れる
ということくらいです。
しかし、いくら保険で安く部分入れ歯を作れたとしても
多くの方が
余りの違和感のひどさに
「せっかく保険で作ったはいいけど、結局は使わないまま放置している」
ことになっています。
また、そんな中でも
慣れなくてはいけないと努力し部分入れ歯を使い続けている方には
さらに悲劇が起こります。
部分入れ歯を使っていると何が起こるか?
一番のリスクは
入れ歯を支えている骨がどんどんどんどん破壊されていく
骨が破壊されていく
ということなのです。
骨が溶けて痩せていく
この事実を
多くの方がご存じありません。
部分入れ歯を作られた医院でも
「骨が溶けますよ」という話を教えてもらえる方は
少ないようです。
歯を多く失った方は
歯を支えている骨が溶けて破壊され痩せている方が多いです。
歯を支えている骨が痩せている上に
さらに部分入れ歯を入れてご自分の歯があった時と同じように
食事をしますのでガンガンと噛んでしまうのです。
するとあっという間に
骨が破壊されるスピードは加速します。
歯を支えるための骨(歯槽骨)は
人工的な入れ歯装置で噛めるようには
もともとできていないんです。
噛めるような作りにはなっていないんです。
入れ歯の長所といえば
ただ保険で安く作ることができる
という
ただ、それだけ、です。
そしてせっかく作っても
2~3年もてばいいほうです。
そういうものです。
最近は自由診療で金属のひっかけがない
ノンクラスプデンチャーという目立たない入れ歯
あります。
しかし
見かけはよくても
実際には噛めません。
また、噛んではいけないもの、です。
そして
もちません。
いわゆる
お出かけする時の
見た目専用の入れ歯であると
お考え下さい。
 
ノンクラスプデンチャーは
おでかけ用です。
 
ご自分の歯と同じように噛んでいると
すぐに壊れますし
実際には噛めません。
そういったことも
ご存じない方がほとんどです。
入れ歯では咬めない
とうことをまず
知って欲しいのです。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

合わない入れ歯でお悩みの方はまずはご相談ください。

高松市の総入れ歯なら吉本歯科医院
インプラントか入れ歯か悩まれている方、総入れ歯の不安がある方、初めて入れ歯を作る方、歯周病で多くの歯を失った方、入れ歯と気が付かれたくない方、まずはご相談下さい。